空気のにおい

時々楽しい

夢日記1

私は旅の中で、廃墟にも見える虚しく大きい円柱状の、上の階が崩落している巨大な宿泊所に赴いた。
頭に布を巻いた中年男性の案内人は、その“ホテル”に泊まるように私に勧めた。
しかしその時頭の中に音にならない声が入った。
「ここは重い罪人が、二度と入れなくなるためにあるものであり、貴方がそこに入れば、幻の柔らかな寝床と豪華な食事が置かれるだろう。従業員らは皆白い服を着ているであろう。しかしその白地も、寝床も、食事でさえも偽りであるので、貴方はそれらの真の姿を見るであろう。」
私はそれでもなお、その宿泊所に入ることに決めた意思をその話し手に送ると、その話し手はこう付け加えた。
「もし貴方が重い罪人であるならば、貴方は他の者達と同じく今日の夜にここで火に焼かれて死ぬであろう。しかし、死ぬことがないほどの知恵を貴方が持っているならば、同じく残された者を仲間としなさい。」
私は了承の意思を送った。


宿泊所の中は確かに、表面は豪華絢爛であった。しかしそのメッキの裏の古く脆弱な骨組みが私には見えた。地下一階には巨大なビュッフェがある。そこで皆、美味しそうに、必死になって、料理を貪っている。
よく見るとその者らは、私の小中学生の頃の同級生、教師や、その後の災難の関係者であった。
その家族もいた。
私はそれを見ても何も言わなかった。
彼らは私の存在に気づきもしなかったからである。
ビュッフェのものら全ては、私には生ゴミのようなものが均等に並べられているようにしか見えなかった。
だから私は一口も手をつけなかった。

そして、この建物内の働く者達には実体がないことも感じた。だから、彼らが私の視界を横切る時には寒気を感じた。

私は三階に上がり、電化製品のコーナーを見つけたため、そこを眺めていた。ここの商品は真のものであった。
その時、突然案内人が叫んだ。
「地下のビュッフェで火事が起きた!火炎は消えそうにない!」
当たりは騒然となり、パニック状態となった。
私は心の中で確信していた。「三階にいれば、焼かれて死ぬことは絶対にない。」
私はそこにいた者たちに、大声で伝えた。
「ここに残れば死なない。今別の階に行けば必ず死んでしまう。だからここに残って、布を濡らして口と鼻にあてて下さい。」
私の声を信じて実行した者は、双子の女性二人と、背の高い男性一人であった。
ほかは皆上の階に上がったり、めちゃくちゃになっていた。下に降りていく者もいた。

私の頭に下の階の惨状が映った。私に害を加えた者達は一人残らず焼かれた。その家族は更に惨たらしく死んでいた。
そして私たちの階にも、黒い煙と毒ガスが迫っていた。
私たちは布をあてて、身を屈めてひたすらに耐えた。
しかしもう限界に近くなっていたので、私は「焼かれて死ぬのではなく、呼吸を奪われて死ぬのか」と感じた。
その時である。強い閃光が私たちのいる階にさしかかり、私達は思わず目を瞑った。次に目を開けた時には汚い空気は全てなくなっていた。

私の脳の中にもう一度下の階が映った。

あれほど激しい火災は嘘のように収まって、すべての火が消えていた。

双子が一言発した。「私が目を開けた時に、私を憎んだものがすべて死んでしまった。」
男が一言発した。「この俺は、今まで長い間盲目だった。だから、俺を憎んでいたものが誰か分からない。」
私は一言発した。「私に憎まれていた者はこの中にはいないのですね。」
私は声の主に気づいた。不安が確信へと姿を変え、生まれ変わった。それらの主は、三神一体である。
ここにいた私たち以外は、皆、死んだ。
四階以上に登ったものは毒の煙で窒息したり、幻の階に上がって足をすくわれて落下した。
私たちの足元より下の者は皆、苦痛の中にあえいで死んだ。遺体も、骨も残らぬほど焼き尽くされた。
主の御声が聞こえた。
「罪人の楽園は死んだ。貴方達は相応しくないから、出ていきなさい。貴方達がそこにある家電や、ケーブルの一本をそこからもぎ取っても、最早貴方達を糾弾し、罪を負わせるものはどこにもいない。あの者達は、電気を糧とするものが“樹木から生える”ことを知らなかったのだ。」
これらには、私たち全員が聞き従った。
私達は跪き祈り、私は溢れるほどの感謝の念と信仰を声の主に送った。
私のみが、言葉がなき頃から、三神一体と意思を通じ合わせていたからである。
私達は洗濯機の果実、冷蔵庫の果実、エアコンの果実、電子レンジの果実、オーブンの果実、パソコンの果実をもぎ取った。それらは豊かに実っているために重くて持ち上げられなかったため、私は宿泊所の中庭の健脚な鯨に全てを飲み込ませた。
私達はすんなりと宿泊所を出ることが出来た。主がそのようにしたためである。
案内人が外で倒れていたため、私はそれを拾った。
案内人は私を欺こうとしたことを激しく悔いた。そして、「貴方様達のその心に応えることは最早私には出来かねるでしょう。ですから、私やその子孫達すべてが貴方様達に従えるでしょう」と頭を下げた。
こうして、私達は、新たに暮らす場所を求め始めた。
乾燥した大地に夕日は赤く見えた。私はそれを指で三角を作って囲った。