空気のにおい

時々楽しい

障害者は子を産むなだって?いや、そもそもこんなところで子を産むこと自体が誤りだからね。

日本人の価値観は概ね狭い割に漠然としている。
民主主義の顔をしているが、実際には最大多数の最大幸福への具体的な考えどころか、そもそも功利主義というものすら知らない者が多い。

染色体異常児の堕胎という議題ひとつにおいても、
「その子供自身の出生後の幸福が約束されるか」よりも、
「真面目に働いて血税を払っている自分達がその子供のせいで不利益を被るかどうか」の方が重要だという考えの人も少なくないと感じる。

そんな人間たちを目の前にして、誰が子を幸せにできるのだろうか。
自分が偶然健康であることにしか誇りがないような、寂しい人間を優先する世界に未来があると信じている者たちは、
まさか福祉をあくまで額面上だが推し進めている日本に居座る資格があると思っているのだろうか。
どんな人間でも、動物でも、痛みや快を知っているのなら誰もその命そのものに口出しする権利などないにも関わらずである。

障害者や、障害児を産んだ親に石を投げるような人間が周りに一人でもいるならば私は健常児すら産むべきではないと思う。
子が意識のない胎児の段階で検査して、異常が見つかれば中絶するということは、今では不妊治療の現場等で行われている。
だが、それをしたからといって絶対に健常児が生まれるわけではない。
殆どの知的障害は原因不明で、殆どの自閉症も原因不明だ。原因遺伝子が分からない疾患も数多くある。
「健常児以外お断りだから生まれる前に遺伝子検査したのに、生まれて数年で検査ではわからない障害が見つかった。生きる希望を失った。早く死んでほしい。」
折角生まれてきて、無限の可能性を秘めていて、必死に愛を求めている我が子に対し、ここまで冷酷になれる親も残念ながら存在するのだ。

そしてめでたく健常児が生まれたとしても、その子供が人生において親である自分のプライドを傷つけずに、
順調に教育を受け、就職して、老後は世話してくれるという存在になることは、今の日本では非常に難しいことであるのは百も承知のはずだ。
いくら財産を持っていようと、後天的な病や事故は容赦なく襲ってくるものだし、完全治癒、寛解する病などまだまだ氷山の一角である。
どれだけ選別しようが障害児は永遠になくならない。なぜなら必要だからだ。
本当に不要であればはじめから生まれてこない。
もし、未知のウイルスから来る病に多くの人々が苦しめられることが将来あるとすれば、それに対する抗体を持っているのは、
今また産声を上げた、または上げられなかった障害児なのかもしれないのだ。
タマゴを産めるメスの鶏がどれほど人間の目線で優れていようと、オスの鶏がいなければ子孫を残すことは儘ならない。
私が言いたいのは、遺伝子というものをそう簡単に理解したつもりになるなということと、
親個人ですらその子がどうなっても愛する覚悟がないなら、子を産む事自体が誤りであるということだ。

そもそも、親が虐待死させるまで子供を放置する近隣住民や、まるで機能していない児童相談所にあふれ、
尚且つ保育園一つ建てることにごちゃごちゃうるさい連中が、貧しい権利を振りかざして建設を辞めさせようとするようなこの国に、
これからの子育てそのものが務まるわけはないのだから、現状、産まないことが正解なのである。



彼らはどうするつもりなのだろう。「見かけ上の利益」「保身」「見栄」に拘りすぎて、自らが人であらざるものになりかけているというのに、
どうなるかなど最後まで分からない胎児に対して審判を下す資格があると勝手に思い込んでいるのだ。

私には彼氏はいるが、私が性恐怖症のため、おそらく自分の遺伝子はここで終わるのだろうと感じている。

障害や病を抱えた子や大人が著しい苦しみを感じている場合の倫理的な死の権利を、政府が認めない限り、私はどんなかたちの子だろうが、それらを産む事自体に疑念を感じ続けるであろう。
それは私が、生そのものこそが極上の幸せであるとは、まったく考えていないからである。

何故弱者に支援が行き渡らないのか。何故合理的配慮の重大性を理解しないのか。
この著書を読むと、日本の福祉が砂上の楼閣に過ぎないものであることが如実に分かるであろう。


「僕だって普通に生きたかったよ―ある自閉症児の生涯」

http://amzn.asia/2Kp2T4U